楽器に関するトラブルや中古として売却するときに確認したいこと

大切な楽器をいつまでも使い続けるために

破損について

修理に出す前に確認しましょう

大切な楽器を練習中に落としてしまったり、使っていて調子が悪いと思ったならば、修理が必要となります。 修理を依頼する際には、どの楽器店に頼むのかが重要なポイントになります。基本的にはその楽器を買ったお店に持っていくのが良いでしょう。きちんとした楽器店なら、購入した際に保証書を付けてあることがほとんどです。条件はありますが、その期間であれば他店へ持って行くよりも比較的低価格で直してもらうことができます。 持ち込む前のひと工夫ですが、修理を依頼する時は先に電話で確認の連絡をしてみましょう。店舗によってはもしかすると、取り扱っていない種類の楽器があるかもしれません。また、予約を取ることができれば時間の短縮にもなります。

楽器店に持って行く以外の方法

楽器がとても身近になった現在、修理依頼の仕方も多様化しています。 例えば修理に持って行きたいけれど近くに楽器店が無い場合、宅配便で対応してくれる会社が増えています。修理が完了し次第送り返してもらえるので、遠方に住む人にとってはとても便利なサービスですね。詳細はホームページで確認することができますが、丁寧に対応してもらえるところが多いようです。 また最近は一部の種類の楽器に特化した技術を持つリペアマンが、個人で修理店を営んでいる場合もあります。腕の良い方にお願いすることで、時間をかけず、より綺麗に仕上げてもらうことが可能です。 自分の使用状況に合わせた修理方法で、楽器をいつも良い状態に保っていくことが大切ですね。

購入前に

習い事のランキングでも常に上位にくるものとしてピアノがあります。ピアノを習うには自宅にピアノがある方がいいのは明白で、中古ピアノなどを購入する方も多いです。ネットショップの活用も大事でしょう。

詳細を確認する

ひき心地を重視

本格的なピアノを購入するとき、中古のピアノも検討してみると良いです。ピアノはとても高いのですが、精巧なものなので、古いものでも充分利用可能なのです。選び方としては価格や年代が重視されます。

詳細を確認する

古いギター

押入れにしまってあるようなギターは、買取業者に売りましょう。古いギターでも弾くことができるのであれば、高額の買取をしてもらえるかもしれません。そのまま処分するよりも、買い取ってもらうことで自分にもプラスになるでしょう。

詳細を確認する